2020年11月28日土曜日

 こんにちは!
今回は2016年に公開したYes,andの伝え方につきまして、
リクエストの声がありましたので、リメイクしてみました!

4年前よりも更に、現場の守備率㊟1は高くなり、
1人が抱える作業量は多くなっているように思います。

店を任されたリーダーも、余裕がなくなってきますね。
限られた人員の中で、コミュニケーションのとりやすい場面もありますが
逃げ場がない。と感じる場面もあるのではないでしょうか?

そんな現場では、リーダーの一言で
空気感が大きく変わります。

ぜひ、いまいちど「Yes,andの伝え方」の大事な部分を読み解いて、
あなたの店で、まずはあなたが周囲へのメッセージを変えてみて下さい。

応援しています。


㊟1:守備率とはお店の面積に対する人員の数を示します。
   同じ3人が勤務する店でも30坪のお店と60坪のお店では
   守備率が違ってきます。
   30坪÷3人=守備率10(一人あたり平均10坪をカバーする)
   60坪÷3人=守備率20(一人あたり平均20坪をカバーする)
   数値が大きくなるほど、1人あたりの負荷が大きくなり
   サービスの質が下がる傾向があります。

:::::::::::::::::::::::::::::::


Yes,andの伝え方 from ライズワンズ on Vimeo.



----------------------------------------
ライズワンズ 株式会社
代表取締役  村上出
----------------------------------------
■ オフィス
□ 〒223-0058
横浜市港北区新吉田東8-41-20-113

  Mail:murakami@rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆
■ HP
・“商売の醍醐味を部下に伝えられる店長の育成”
⇒ http://rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆


2020年11月18日水曜日

 「覆面調査」とその後の「研修」のあり方について


 こんにちは。村上出です。
コロナ禍で悩ましい日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 私は自分が提供しているコンテンツの見直しを始めています。
こちらのブログも、まったく手を着けていませんでしたので
これからは、定期的に投稿していこうと思います。


本日は「覆面調査」についてです。


 じつは今月に入り、ある商業施設の覆面調査をご提案させて頂く機会を得ました。
弊社は会社規模として「調査」自体はお受けせず、調査後の現場変革メソッドの提供
という役割で現場の店長さんはじめ、スタッフの方々と関わってまいりました。


 今回の提案をきっかけに、あらためて調査のあり方を考え、提案書としてまとめました。

せっかくですので、弊社としてどのように考えているのか?公開させて頂こうと考えた次第です。興味のある方はぜひ、以下動画をご覧下さい。

PDFにて資料のダウンロードも可能です。それでは、今回は以上です。



<提案書抜粋ダウンロード>

http://rizeones.main.jp/ライズワンズ_調査.研修メニュー紹介_2020.11.pdf


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


あなたの日々が、
人との関わりがもっと楽で、発見に満ちたものとなりますように

::::::::::::::::::::::::::::::::::::



----------------------------------------
ライズワンズ 株式会社
代表取締役  村上出
----------------------------------------
■ オフィス
□ 〒223-0058
横浜市港北区新吉田東8-41-20-113

  Mail:murakami@rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆
■ HP
・“商売の醍醐味を部下に伝えられる店長の育成”
⇒ http://rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆









2016年10月7日金曜日

リアルな現場で使えるコミュニケーション術

ダメ出しがエールで伝わるフィードバック法

・良かれと思っていったことが、素直に伝わらない。

・言いたいことはあるけれど、遠慮して言いづらい。


そんな悩みが劇的に解決する伝え方があります。

ポイントは

❶何を伝えるか?

❷どの順番で伝えるか?


これだけです。



リアルな現場で使えるコミュニケーション術

たった1分で相手を気持ちよくさせるトーク術

私たちの日々はとても忙しく、

同じ店に一日いても、満足に会話を交わすことなく

一日を終えることも珍しくはないですね。


だからこそ、通りすがりの一言や

ちょっとした時間の使い方が大事になってきます。


こんな1分間の習慣を身に付ければ、

周囲の人が、どんどんいい気分になっていきますよ!



リアルな現場で使えるコミュニケーション術

私メッセージの伝え方

意見が対立するとき、どのようにコミュニケーションをとればいいか?

今回は主語の置き方に注目します。


“I” わたし

“YOU” あなた


自分の意見と同じように、相手の意見も大事。

どちらかの意見だけが正しいわけではない。

それが前提になっています。



それではご覧ください。


2016年8月4日木曜日

リアルな現場で使えるコミュニケーション手法

相手も自分もストレスなく伝わる伝え方


皆さんこんにちは。

今回は店長をマネジメントするあるリーダーからのご相談です。


【相談内容】

店長育成の際に、イライラする感情が沸いてくるときがある。
一方的に言ってはいけないことはわかっている。
だからと言って、ある程度しっかり伝えないと修正できないのでは?

どのように伝えるといいか知りたい。




ご覧いただいていかがでしょうか。

ポイントをまとめると


****************************

①マイナスを出し切る

②そんな中でもできている時(例外)を探す

③そもそも普段から助かっている、その人のいいところを思い出す

④結局、どうしてほしいか(どんな場面でどうしてほしいか)具体的に出す

これら4項目を出した後で

伝える順番は、③(貢献)⇒②(承認)⇒④(要望)で伝えます。

****************************

①のようにマイナス(原因)は扱わず、どうなってほしいか(目的)を伝えます。


いかがだったでしょうか?

不明点や、上手くいかないこと、さらなる疑問、感想をお待ちしてます!

伝えることが楽しくなる!そんなリーダーいいよね!


どんどん質問くださいね。

ライズワンズ 村上出




----------------------------------------
★村上出の著書
・リーダーに読んでもらいたい!
『リーダーが使いたい66の言葉』
~信頼関係を築くための言葉選び~

著:村上出 
出版社:日本能率協会グループ JIPMソリューション
http://www.amazon.co.jp/dp/4889564187 

「無料オンラインセミナー」
「自分史上 最高のチームをつくるための最初の一歩
⇒ http://tennpo-egao.blogspot.jp/ 
----------------------------------------
ライズワンズ 株式会社
代表取締役  村上出
----------------------------------------
■ オフィス
□ 〒222-0001
横浜市港北区樽町2-2-41-408

  Mail:murakami@rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆
■ HP
・“商売の醍醐味を部下に伝えられる店長の育成”
⇒ http://rizeones.co.jp
◆--------------------------------------◆
『一般社団法人日本社内インストラクター養成協会』
⇒ 設立準備中
◆--------------------------------------◆


2016年7月19日火曜日

リアルな現場で使える手法


「愚痴聞き時間」が短縮され、好印象も残せる聞き方」


皆さんこんにちは。

ライズワンズ村上です。


今日のスキルは

ネガティブな発言を繰り返す方への対処法です。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
店舗巡回の際に、

「あれがダメだ」「うまくいかない」と愚痴が先行し、

なかなか「こうしようと思う」が出てこない店長がいらっしゃいます。

慢性的に愚痴が先行する方もいらっしゃって・・・


正直、巡回する足も重くなる時もあるのではないでしょうか。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘

じつは解決する方法が1つだけあります。

早速ご覧ください。






なんだ、そんなことか。

そう思われたかもしれませんが、

こんな風に人の話を聞いたこと、聞かれたことがあるでしょうか?


これは多くのカウンセラーも実証済の手法です。

試す価値はありますよ。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

整理すると

①気持ちをリンクさせて、とことん一緒に落ち込む(むしろリードして)

②切り上げることを考えず、とことん愚痴を出してもらう

③頃合いを見て切り替える「そんな中で、どうしていきましょうか」(明るくメリハリ付けて)

④勇気づける。⇒愚痴を聞かせてもらって「頑張っている店長の話を聞いて、私も頑張ろうと思いました!」など、気持ちが上がる言葉で締めくくる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上です。

まずは数稽古です。どんどん試してみてくださいね。


皆さんのコミュニケーションに革命を起こしましょう!


ライズワンズ㈱ 村上出


----------------------------------------
★村上出の著書
・リーダーに読んでもらいたい!
『リーダーが使いたい66の言葉』
~信頼関係を築くための言葉選び~

著:村上出 
出版社:日本能率協会グループ JIPMソリューション
http://www.amazon.co.jp/dp/4889564187 

「無料オンラインセミナー」
「自分史上 最高のチームをつくるための最初の一歩
⇒ http://tennpo-egao.blogspot.jp/ 
----------------------------------------
ライズワンズ 株式会社
代表取締役  村上出
----------------------------------------
■ オフィス
□ 〒222-0001
横浜市港北区樽町2-2-41-408

  Mail:murakami@rizeones.co.jp

◆--------------------------------------◆
■ HP
・“商売の醍醐味を部下に伝えられる店長の育成”
⇒ http://rizeones.co.jp
◆--------------------------------------◆
『一般社団法人日本社内インストラクター養成協会』
⇒ 設立準備中
◆--------------------------------------◆